ハイドロキノン化粧品

シミ対策の美白化粧品

出来てしまったシミに対して美白化粧品を使ってみても、なかなか効果が感じられないという事がよくあります。

 

 

美白化粧品には何らかの美白有効成分が配合されています。
美白有効成分にはビタミンC誘導体をはじめ、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸などがあります。
これらの美白有効成分は紫外線によるシミ予防に効果的です。

 

 

 

また、美白対策で注意したいのがシミの種類です。シミには様々な種類があります。
紫外線によるものから、炎症によるもの、ホルモンバランスや遺伝によって出来るシミもあり、
一概に美白化粧品が有効というわけではありません。

 

 

美白化粧品が有効なのは紫外線による老人性色素斑、ニキビ跡などの炎症性色素沈着です。
シミの多くは紫外線によってできる老人性色素斑ですが、
肝斑やソバカスに対して美白化粧品を使用しても効果を感じる事はほとんどありません。

 

 

美白化粧品でシミを改善するためには老人性色素斑の場合、初期段階であることが重要です。
真皮まで落ちてしまった濃いシミはレーザー治療などが必要にあります。
シミが薄いからと言って気にせずに放置していると、次第に濃くなります。

 

 

若い内はターンオーバーもしっかりしているので、シミの原因となるメラニン色素は角質と共に剥がれます。
しかし、40代くらいになってくるとターンオーバーが遅れはじめ、メラニン色素が沈着しやすくなります。

 

 

さらには年齢と共に表皮を支える基底層が乱れ、真皮にまでシミが定着すると化粧品での美白は難しくなります。
また日頃から紫外線を浴びようないようにUVケアや日傘などでしっかりブロックすることが大切です。

出来てしまったシミにはハイドロキノン

美白化粧品の多くに含まれるビタミンC誘導体やアルブチンにはシミの元になるチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があります。
他に紫外線を浴びることで発生する伝達物質「エンドセリン」をブロックするトラネキサム酸、カモミラETがあります。

 

 

これら美白有効成分の入った化粧品の多くはシミが出来るのを予防する働きがあります。
出来たしまったシミを消すというまでの働きはありません。ただ、ビタミンC誘導体には炎症性色素沈着を薄くする作用があります。

 

 

出来てしまったシミにおすすめなのが「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンにはシミを薄くする作用があります。
売られているハイドロキノンクリームの多くは濃度が2%前後ですが、それでも十分に美白効果を実感できます。

 

 

 

 

ハイドロキノンはメラニン色素のもとになるチロシナーゼ酵素を生成を抑制するだけでなく、
メラノサイト自体を抑制する働きもあります。

 

 

肌の漂白剤と呼ばれるだけあり、すでに出来てしまったシミ対策にはハイドロキノンが最も効果があります。

 

 

ただ、それゆえハイドロキノンは刺激が強いので、炎症や赤身ができる事があります。
肌に赤身が出る場合はハイドロキノンの使用を中止します。

 

 

ハイドロキノンは熱、光、に弱いため酸化しやすく、酸化すると非常に強い刺激をもたらします。
そのため、ハイドロキノンクリームは夜だけの使用を推奨しています。

 

 

 

また5%以上の濃度が高いハイドロキノンは白斑が出来る可能性があります。
あとは妊婦さんのハイドロキノンの使用は避けるようにしてください。

ハイドロキノン化粧品 アンプルール

アンプルールは皮膚科医の高瀬ドクターが開発に参加している化粧品ブランドです。
ハイドロキノン配合のスポット美容液が非常に人気です。トライアルセットがあるので、まずは試してみる事おすすめします。

 

 

 

 

アンプルールが選ばれる3つのポイント

 

新安定型ハイドロキノンで出来たシミを薄くする

アンプルールで一番人気なのがスポット美容液です。スポット美容液にはハイドロキノンが2%配合されています。
出来てしまったシミに働きかけてシミを薄くする働きがあります。またアンプルールのハイドロキノンは新安定型ハイドロキノンです。
熱や光に強く酸化しにくいという特徴があります。夜専用ですが、カプセル化されているので安心してしようできます。

 

 

アルブチンでシミが出来るのを予防

アンプルールの美容液にはアルブチンが配合されています。アルブチンはメラニン色素の元になるチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、
シミを予防します。また、美容液にはビタミンC誘導体も配合。ビタミンC誘導体には炎症によるニキビ跡を薄くしたり、コラーゲンの合成、活性酸素の抑制作用もあります。紫外線やニキビ跡から出来るシミの予防に最適です。

 

 

セラミド配合の化粧水で紫外線をブロック

アンプルールの化粧水にはセラミドを配合しています。セラミドは角質層のバリア機能を改善する働きがあります。
バリア機能を改善することで紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をブロック。また、角質層の水分を保持します。
その他にも保湿作用のあるコラーゲン、シミを予防するアルブチン、肌老化を防止するαリポ酸も配合し、シミ予防をサポートします。

 

 

ハイドロキノン化粧品 ビーグレン

ビーグレンは浸透テクノロジーの第一人者、ブライアン・ケラー氏が開発したスキンケア化粧品です。
ハイドロキノン配合のクリームをはじめ、シミを改善する化粧品のラインナップがあります。

 

 

 

ビーグレンをおすすめする3つのポイント

 

 

ハイドロキノンで今あるシミを薄くする

ビーグレンのホワイトクリームには1.9%のハイドロキノンを配合。今あるシミに働きかけて薄くする働きを発揮します。
またビーグレンはキューソームという独自の浸透テクノロジーで角質の奥までしっかり浸透。その結果、シミをつくるメラノサイトにしっかり届いて長時間はたらきかけます。その他にも紫外線によって発生しる活性酸素を抑制する乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液や保湿作用のある植物エキスをたっぷり配合しています。

 

ビタミンC、アルブチンでシミ予防

化粧水にはビタミンC誘導体を配合。コラーゲン合成、抗酸化、シミ予防の働きで肌の老化を予防。美容液にはシミの元になるチロシナーゼ酵素の働きを阻害するアルブチンを配合。ビーグレンの浸透テクノロジーで角質の奥までしっかり浸透します。ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸といった保湿成分も配合し、肌にうるおいを補給します。

 

エイジングクリームでターンオーバー促進

ビーグレンのリッチクリームみはオリゴペプチド、アセチルテトラペプチドを配合。ペプチドには表皮の下にある基底層の細胞を活性化する働きがあります。基底層の細胞が分裂することで表皮のターンオーバーがすすみ、メラニン色素を排出します。また肌表面をカバーするスクワランや保湿作用のあるコラーゲン、ヒアルロン酸なども配合。紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をブロックしながら、ターンオーバーを活性化することでシミや毛穴づまりを抑制します。

 

 

 

美白化粧品ランキング【シミ対策におすすめ化粧品を比較】
ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体などを配合した美白化粧品の特徴、効果、体験談などを紹介。
他にも年齢別、症状別におすすめの美白化粧品をはじめ、日常の美白対策なども解説。

ハイドロキノンを配合したビーグレン ホワイトの体験談

ビーグレンのホワイト、美白はハイドロキノン配合のクリームをはじめ、化粧水と美容液、エイジングクリームの4点セットです。

 

 

ビーグレンの化粧水は少しとろみのあるテクスチャーです。ベタつきはなく、しっかり浸透します。化粧水に含まれているタミンCにはシミの原因となるチロシナーゼ酵素の働きを抑制。さらに、紫外線によって発生する活性酸素を阻害します。これらの働きはシミの予防に有効なだけでなく、コラーゲン合成や皮脂分泌を整える作用などもあります。セラミドに類似したラウロイルグルタミン酸ジ、コラーゲンなどの保湿成分もたっぷり。

 

 

 

ビーグレンホワイトに美容液は少しとろみのあるテクスチャーです。こちらも浸透力は抜群で、肌がすごくもっちりします。美白有効成分「アルブチン」を配合することでシミの発生を予防します。他にも抗酸化作用のあるハイビスカス、保湿作用のある加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、消炎作用のある植物エキスなども配合しています。

 

 

 

ハイドロキノンを配合した美白クリーム。シミが気になる場所にスポット的に使用します。ハイドロキノンは熱、光によって酸化しやすいため、夜だけ使用します。ビーグレン独自の浸透技術でハイドロキノンを角質層の奥までしっかり浸透させます。すこしこってりしたテクスチャーですが、ベタつきなく浸透します。ハイドロキノンだけでなく、保湿作用のあるスクワランやシミを改善するオリゴペプチド68(Bホワイト)なども含まれています。

 

 

 

ビーグレンのエイジングクリームは少しコクのあるテクスチャーですが、しっかりと肌になじんで浸透します。肌のハリ、弾力をもたらす細胞を活性化するオリゴペプチド6をはじめ、コラーゲンの合成をサポートするアセチルテトラペプチド2、新陳代謝を活性化するポリアミンなどの細胞を活性化する成分を配合。肌のハリ、弾力をはじめ、しわやたるみの合成をサポート。